新型コロナウイルス関連

東京2020オリンピックはどうなる?

年前、滝川クリステルさんがIOC総会のスピーチで発言した「お・も・て・な・し」が年間流行語大賞として選ばれました。

当時(2013年)日本だけでなく世界中の人が

7年後の東京オリンピックの開催に期待で胸を膨らませ、開催を今か今かと待ち望んでいたことと思います。

本来であれば昨年行われる予定だった

東京オリンピックですが、

新型コロナウイルスの世界的な流行を受けてやむを得ず延期となってしまいました。

オリンピックが日本で開催されたのは過去に3回あって、

今回の東京オリンピックは1964年以来57年ぶりに開催される予定でした。

延期を受けて新たに予定された2021年の7月23日から開催されるのであれば、58年ぶりになります。

過去にオリンピックが延期となった例は一度もなく、中止になったのは計5回でいずれも戦争が理由で中止となっています。

実は、その5回のうち2回は日本で開催される予定とされていたため、

今回こそは開催したいところですね。

でも本当に現時点でオリンピックを今年開催することが日本にとって良い結果となるのでしょうか。

今の日本の問題点とは?

日本は、昨今様々な問題を抱えています。

介護や保険、医療や年金。特に問題視されているのは少子高齢化です。

世界的に見ても日本の少子高齢化の進行速度はとても早く、

今では世界で最も少子高齢化が進行しているとされています。

それに加えて新型コロナウイルスの影響もあって、大きな打撃を受けています。

新型コロナウイルスが初めて発見されたのは2019年の12月。

当時日本では感染がそこまで拡大せず、状況は深刻ではありませんでした。

感染が拡大しなかった理由として考えられるのは、

①日本が島国であり、ウイルスが侵入するのをうまく防ぐことができたから。

②マスクをつけることがもともと定着していたため。

③多くの人がウイルスを警戒し、手洗いうがいや消毒を心掛けたため。

といったことが挙げられます。

他にも多数理由はあると思いますが、

感染が拡大していない日本はすごいと

外国のメディアでも報道されるほど世界的な評価を高く保持していました。

しかし、現在はどうでしょうか。

一日の感染者数は日に日に増加し、国民の意識の薄れが数として現れるようになってしまいました。

これは予想ですが、このような状況下のまま

海外から観光客を受け入れてオリンピックを開催したら

日本での新型コロナウイルスの流行はさらに拍車がかかったものになってしまうと思います。

現在、政府がワクチンの接種を2月の下旬までに間に合うよう、準備を進めています。

ですが、このワクチンを接種すれば100%感染しないというものでなく、

ワクチンを接種したとしてもかかる場合があると考えられています。

また、まだ判明していない副作用もあるかもしれないと確実なものには残念ながらまだなっていません。

また、新しい変異種が発見されたこともあってますます人々の不安は積もる一方だと思います。

オリンピック開催は難しい?

今、開発されているワクチンは一部変異種に対して有効性が低い可能性があり、そんな中、オリンピック開催に踏み切るのは多くのリスクが考えられます。

では、オリンピックの開催は難しいと考えるべきなのでしょうか。

そんなことはありません!

第一に誰が感染していて誰が感染していないかを把握する必要があるのではないでしょうか。

しかし、現在PCR検査を受けるためには

一般的には①PCR検査を受けに行く場合と

②自分で行って結果を待つ という二通りがメジャーです。

の場合、まず予約を行い

予約日までひたすら待ち、実際に検査してまた結果を待ちます。

個人でキットを使用して検査を行うには

キット自体を郵送結果が出るまで待つ。

どちらにしても結果を知るには多くの時間と手間がかかります。

加えてPCR検査には費用がとても掛かります

時間とお金をかけずに感染の有無を知るには?

現在弊社で取り扱っている抗原検査キット

予約をする必要郵送する必要もなくその場で感染結果がわかるものになっています。

費用に関しても一回の検査に3800円と医療費もかかることなくお手軽に使用できるものになっています。

オリンピックが開催されることになったら、

多くの選手や大会関係者の検査をするのに用いられることになるのではないでしょうか。

感染しているかを把握することでご家族や職場での

感染の広まりを止めることができ

少しでも安心してコロナ禍で生活を送ることできると思います。

が一の場合に備えて一度抗原検査キットを使用して感染結果を調べてみるのはいかがですか。

消毒除菌日本一で取り扱っている抗原検査について気になる方は↓をクリック

消毒除菌.com