新型コロナウイルス関連

フィリピン型変異株が新たに発見!?

3/13にフィリピン保健省はフィリピン国内で

新たな新型コロナウイルスの変異種

“フィリピン型変異株”を確認したと発表しました。

驚くべきことに、初めて確認されたにもかかわらず

その感染者数は98人に上ると発表されました。

実はこのフィリピン型変異株ですが、フィリピン保健省が発表するよりも前に

日本国内で60代男性の感染が確認されていました。

日本の厚生労働省の発表によると

この男性はフィリピンから帰国後

成田空港での検査で感染が確認されたそうです。

このように、日本でも変異株のクラスター続出しているのをご存じでしょうか。

日本での変異株クラスター

埼玉県では10歳未満の児童を含む男女11人

イギリス由来の変異ウイルスに感染したことが発覚しました。

濃厚接触者に該当する人数は

61人にも上ると報道されています。

静岡県でも

浜松市内の児童会で変異株クラスター発生し、

児童と職員を合わせて10人イギリス変異株感染が確認されました。

この二県のクラスター情報だけでも

イギリス型変異株の感染力が極めて高いものだということがわかります。

加えて千葉県でも変異株クラスター発生し、

17人の感染者が新たに確認されました。

そして、

県内の90代以上女性3人の患者の死亡が発表されました。

国内で確認された変異株の感染者数は

3月9日時点で271人

と大幅に増加し、1週間で6割増加確認されました。

今回確認された新しい変異株である

“フィリピン型変異株”は現在フィリピン日本でしか

感染が確認されていない為、不明瞭な部分が多いようです。

現時点で断言されていることは、

感染力が強い

ワクチンの効果を低下させる可能性がある

この2つです。これは

イギリス型変異株が持つ感染力の高さ

南アフリカ型・ブラジル型変異株が持つ免疫逃避

これを兼ね備えているということになります。

(免疫逃避についてはこちら

拡大の可能性は?

国内で、この変異株の感染が拡大する可能性はあるのでしょうか。

まだ確認されたのが1件だけだから大丈夫…

と思ってはいけません

実際にイギリスへの渡航歴が無くてもイギリス型変異株に感染した人が多くいるように

渡航歴に関係なく感染する可能性はどの人にも平等にあるのです。

専門家の見解でも、

徐々に拡大されていくだろうとされています。

変異株の最も恐ろしいところは、従来のウイルスよりも

感染力が40%も高い

・ワクチンの効果がイマイチ立証できない

そして

重症化しやすい

今この記事を読んでいるあなたもすでに感染している可能性があるのです。

少しでも思い当たる節がある方

不安に思った方は今すぐ抗原検査で検査してみませんか。

【消毒除菌日本一】の抗原検査キットは

変異株に感染していた場合も感染結果を確認することができます。

今購入すれば明日には届く!即日発送で対応しています!

お買い求めはお早めに!1キット3800円で購入可能です!

購入希望の方は画像をクリック!