新型コロナウイルス関連

まん延防止等重点措置とは?

緊急事態宣言解除後、
政府が新たに設置した「まん延防止等重点措置

この「まん延防止等重点措置」は「緊急事態宣言」とどう異なるのでしょうか。

緊急事態宣言

緊急事態宣言は

都道府県単位で発令することができる対策で、
最近解除された緊急事態宣言は東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県を対象として発令されていたものになります。

感染状況がステージ4の一番深刻な場合、
主に感染を抑制することを目的として発令されます。

また、緊急事態宣言では
飲食店や商業施設に対して休業要請を行うことができます。

まん延防止等重点措置

まん延防止等重点措置の緊急事態宣言と
大きく異なる部分強制力であると言えるのではないでしょうか。

まん延防止等重点措置は
政府が対象とした都道府県の知事が、
特定の地域に対して市区町村単位で発令することができる措置になります。


発令されるタイミング
感染状況がステージ3、あるいはステージ2で適用されます。

ステージ2で発令された場合は
急速に感染が拡大し、状況がさらに深刻化している状況であることが予想できます。

また、この措置を行う場合は

・都道府県で感染が拡大されることが予想されている

・医療の提供に支障が生じる可能性があるという


二点を満たす必要があります。

先ほど
この対策は緊急事態宣言と比べて強制力が低いと述べましたが

その根拠として、
まん延防止等重点措置では休業要請を行うことが不可能であることが挙げられます。

また、
罰則に関しても緊急事態宣言では30万円以下の過料と定められていましたが、

まん延防止等重点措置では20万円以下の過料と定められています。

反対に
緊急事態宣言と同様に営業時間の短縮要請や、拒否した場合は命令を行うこともできます

加えて、
事業者名を公表する点も同じであると言えます。

二つの違いの簡単なまとめ

緊急事態宣言

時短・休業要請と命令が可能
         30万円以下の過料

まん延防止等重点措置

時短のみ要請と命令が可能
          20万円以下の過料

ということになります。

現在、
宮城県、大阪府、兵庫県でまん延防止等重点措置が取られていますが

東京都含む一都三県でも感染者が
徐々にまた増え始めているので、近いうちに発令されるかもしれません。

そんな時に自身の感染有無を知っているのと
知らないのでは、大きく対応も変化してくることと思います。

消毒除菌日本一の抗原検査キットは
皆様に安心してお使いいただけるように変異株に対応していることの証明書を同封して、発送しています。

注文を受けたその日の発送を心掛けています。(銀行振込は除く)

一個3800円でお買い求めいただくことができ、
10キット分ご購入いただくと一個当たりの値段が3600円になります!

ご購入はこちらの画像をクリック
消毒除菌.com